頻尿 改善 方法

頻尿の改善方法の情報をお伝えします。夜間お困りの方は必見です。
MENU

女性に多い膀胱炎とは

膀胱炎は女性の頻尿の要因の代表格です。

 

膀胱に炎症が生じているという事は当然察せますが、
具体的にはどんな疾患なのでしょうか。

 

膀胱炎とはどんな疾患?

膀胱炎は、急性膀胱炎と慢性膀胱炎などに類別されます。

 

細菌製の急性膀胱炎

急性膀胱炎の主な原因は細菌感染であり、頻尿を招きます。
悪化すると、おしっこの最中やおしっこをした後に強烈な痛みが走るようになります。
さらに、残尿感があるせいで尿意が消えなかったり、
尿が濁ったりもします。
これは、膀胱の内部で細菌と争った白血球が、尿に乗って外に出た証拠です。
ちなみに女性は尿道が短く、肛門や膣がそのすぐ側に存在しますから、
細菌が入りやすいです。

 

出血性膀胱炎

出血性膀胱炎では血尿や、ケースによっては発熱も起きます。
子供の方が大人に比べてこの膀胱炎にかかりやすいです。

 

慢性膀胱炎

慢性膀胱炎の大半の要因は、急性膀胱炎の長期化とそれを放っておいた事です。
つまり、細菌が膀胱から完璧に消えないまま残存しているという状況です。

 

また、間質膀胱炎という要因が明らかになっていないタイプのものも、
徐々に増えていて人々を困らせています。

 

 

膀胱炎を防ぐには?

膀胱炎を防ぐためには、細菌の侵入を防止する事が重要です。

 

排便後の処理をきちんと行う事がまずは大前提です。
また、女性が陥りがちな便秘も要因菌の繁殖のきっかけになるので気を付けましょう。

 

そして女性には、耐えてトイレの回数を減らそうとする方がかなりいますが、
膀胱に尿が蓄積され過ぎると、それが原因で膀胱の中の細菌が増殖してしまいます。
ですから、我慢はNGです。
トイレを嫌ってあまり水を飲まないというのも良くありません。

 

また、性交渉も感染の原因になり得ますから、その前後は特に清潔をキープしましょう。

 

そして、生活習慣を整えて、免疫能力を上昇させておくことも大切です。
女性の場合は、ストレスや冷えが原因で不健康になりやすいので、
常日頃から、身体を温めたりスポーツに取り組んだりして血流を良くしましょう。
身体中の免疫能力が向上して、問題の発生を防止できます。

 

 

膀胱炎の治療事情

細菌性の膀胱炎は、大抵の場合細菌の排出が終わればひとりでに治ります。
ですから、水をたくさん飲むなどして排尿を促して菌を追い出しましょう。
長期化する事は少ないですが、7日を越えて継続するようであれば、
泌尿器科に出向いてみましょう。

 

これが慢性化してしまうと、抗生物質の使用が必要になるケースもあります。
医師の指示に確実に従って、勝手に服用をストップしないようにしましょう。

 

また、疾患も膀胱炎の要因になりますが、その際はその疾患と膀胱炎の
どちらを優先するのかを医療機関と相談しつつ決めて下さい。

 

そして、先述した事にも繋がりますが、
生活習慣をチェックして、要因を取り除くべく良化していく事も非常に大切です。

 

炎症ですから、基本として刺激を加えないようにしてナチュラルに治す事になります。
その間に炎症の新規の要因を生み出す事のないように気をつけましょう。
デリケートゾーン 臭い

 

 

このページの先頭へ