頻尿の改善方法|夜間お困りの方へ

頻尿の改善方法の情報をお伝えします。夜間お困りの方は必見です。
MENU

頻尿の改善方法の情報

今さつきトイレに行ったのに、またトイレへ行きたくなるという時は、
頻尿の症状と言えるでしょう。
このようなことで病院へ医師に相談をしに行くという人は
あまりいないのではないでしょうか。
しかし夜間に頻尿で睡眠が思うようにとれないとなると、日常生活がままなりません。
ここでは、頻尿の原因と改善方法について説明します。

 

おしっこの巧妙な仕組みを知る

尿を排出する行為を俗に、おしっこをすると言いますが、
おしっこをしたくなるのは人体の巧妙な仕組みによります。
飲み物にはもちろんですが、食べ物にも水分があり、
栄養素をはじめとするさまざまな成分が含まれています。

 

その全部が体内に吸収されるのではなく、
身体は不要な水分や成分あるいは毒素を排出する機能を備えています。

 

尿は腎臓で作られて膀胱に溜められますが、膀胱に通常100〜200mlの尿が溜まると、
脳が、おしっこを出したいという指令を出します。
これが尿意で、ある程度は自意識でコントロールすることができます。

 

正常なおしっこの回数を知ろう

おしっこは脳の指令を無視して自分の意思である程度はコントロールをすることが可能で、
トイレへ行きたいが、あいにく満員電車の中などと言う時には
程度問題はありますが、尿意を我慢することができます。

 

正常な尿の量は1日当たりで1〜1.5リットルとされています。
したがっておしっこの回数は平均すると1日に少なくて4回、多い時で7回で、
夜間寝ているときにはトイレに行くことはありません。

 

頻尿の一般的な定義とは

このようなことを基準にすると、日中8回以上おしっこに行くのが昼間頻尿で、
夜間も睡眠中に尿意を覚えて1〜2回トイレに起きるというのが夜間頻尿です。

 

■頻尿の5つの原因と対策
頻尿の原因は、多尿、細菌感染、膀胱が狭い、尿道が狭い、そして心理的の5つです。
対策はそれぞれの原因で異なりますが、場合により原因が病気ということもあるので、
症状次第では専門医の診察を受ける必要があります。

 

このページの先頭へ