頻尿の改善方法|夜間お困りの方へ

頻尿の改善方法の情報をお伝えします。夜間お困りの方は必見です。
MENU

頻尿の改善方法の情報

今さつきトイレに行ったのに、またトイレへ行きたくなるという時は、
頻尿の症状と言えるでしょう。
このようなことで病院へ医師に相談をしに行くという人は
あまりいないのではないでしょうか。
しかし夜間に頻尿で睡眠が思うようにとれないとなると、日常生活がままなりません。
ここでは、頻尿の原因と改善方法について説明します。

 

おしっこの巧妙な仕組みを知る

尿を排出する行為を俗に、おしっこをすると言いますが、
おしっこをしたくなるのは人体の巧妙な仕組みによります。
飲み物にはもちろんですが、食べ物にも水分があり、
栄養素をはじめとするさまざまな成分が含まれています。

 

その全部が体内に吸収されるのではなく、
身体は不要な水分や成分あるいは毒素を排出する機能を備えています。

 

尿は腎臓で作られて膀胱に溜められますが、膀胱に通常100〜200mlの尿が溜まると、
脳が、おしっこを出したいという指令を出します。
これが尿意で、ある程度は自意識でコントロールすることができます。

 

正常なおしっこの回数を知ろう

おしっこは脳の指令を無視して自分の意思である程度はコントロールをすることが可能で、
トイレへ行きたいが、あいにく満員電車の中などと言う時には
程度問題はありますが、尿意を我慢することができます。

 

正常な尿の量は1日当たりで1〜1.5リットルとされています。
したがっておしっこの回数は平均すると1日に少なくて4回、多い時で7回で、
夜間寝ているときにはトイレに行くことはありません。

 

頻尿の一般的な定義とは

このようなことを基準にすると、日中8回以上おしっこに行くのが昼間頻尿で、
夜間も睡眠中に尿意を覚えて1〜2回トイレに起きるというのが夜間頻尿です。

 

■頻尿の5つの原因と対策
頻尿の原因は、多尿、細菌感染、膀胱が狭い、尿道が狭い、そして心理的の5つです。
対策はそれぞれの原因で異なりますが、場合により原因が病気ということもあるので、
症状次第では専門医の診察を受ける必要があります。

 

頻尿を生じさせる5つの要因

何回もトイレに向かいたくなる症状を指して頻尿と呼びます。
そして、自分が頻尿だと気づいていない方もたくさんいるようです。

 

尿の生成速度や膀胱のサイズには各々で差異がありますが、
1日の平均的な尿の回数は7回ほどだそうですから、
それよりも、かなり多いならば頻尿かもしれません。

 

以下、頻尿の要因としてよくあるものを挙げていきますので、ご覧ください。

 

要因1:疾患の影響

何らかの疾患の症状として頻尿になる場合があります。

 

頻尿のみならず、血尿など変な色の尿が出る、排尿時に痛む、
などのケースでは疾患の恐れがあります。

 

排尿がしにくい、残尿感がかなりあるなど、
疾患とは言いづらいような軽度のものである事もあるため、気付きにくいですが、
このような症状もかなりよく見受けられます。

 

頻尿のみならず、それ以外の症状もあるならば疾患を疑って、
一回は病院で診てもらいましょう。

 

要因2:冷え性

冷え性の方も、トイレの回数が多くなりがちです。

 

基礎体温が低い方は、常日頃発汗量が少ない事が多いのです。

 

尿は、汗と共に流れ出す分が一定の分量あるのですが、
冷え性だとそもそも汗自体があまり出ないので、その分トイレの回数が増えるのです。

 

また、女性の方が筋肉が付いていないので男性よりも冷え性の方が多いです。
女性の方は、特に冷えには気を付けましょう。

 

そして、冷え性でない方も気温が低い日は発汗量が減りますから、
冬の方が夏に比べてトイレが近くなりがちです。

 

要因3:緊張しやすい

緊張しやすいと、大事な局面の前にトイレに何回も向かいたくなりがちです。

 

だからと言って、身体のどこかに問題があるわけではないのですが、
緊張が原因のストレスで膀胱に刺激が加わり、一時的に頻尿になるのです。

 

このような症状を指して神経性頻尿と呼びます。

 

ですが神経性頻尿の方も、ストレスから解放されれば普通の排尿ペースに戻ります。

 

こういう方は手から発汗しやすいなど、緊張の兆候が身体に生じやすいので、
気を付けておくと少しは対策ができるかもしれません。

 

要因4:食生活

頻尿の要因の1つに高い利尿効果を持つ飲み物があります。

 

その代表的なものは、お茶やコーヒーなどです。
これらはカフェインを豊富に含有する飲料であり、
カフェインには膀胱に刺激を加え、排尿を促進する作用があります。

 

そのため、少し摂取しただけでトイレが近くなる事もあります。

 

つまり、カフェインを含有する飲み物を飲むと、
水分を摂ったにも関わらず、脱水症状に陥りやすくなるという事が言えるので、
お歳を召した方や、小さな子供は特に気を付けなければなりません。

 

また、酸味の強いジュースにも、カフェイン含有飲料と同じ事が言えるので
気を付けて下さい。

 

そして、お酒にも排尿を促進する作用があります。
なぜなら、お酒には抗利尿ホルモンの発生量を減らす作用があるからです。
つまり、排尿への抵抗力が低下するというわけですね。

 

ビールなどは、ついついどんどん飲みがちなので注意しましょう。
体温を低下させる作用もあるので、合わせて覚えておいてください。

 

要因5:老化

数ある老化症状の1つに頻尿があります。

 

老化するにつれて抗利尿ホルモンの発生量が少なくなり、
さらに骨盤の筋肉量も減少するため、尿を我慢する力が弱くなるのです。

 

また、身体中の筋肉量が減少していくため冷えがちになり、発汗量も減り、
より一層頻尿の症状が酷くなる事も多いです。

 

完全に抑える事はもちろんできませんが、スポーツに取り組むなどして、
少しでも頻尿の悪化に抗うようにしましょう。
頻尿 改善 方法

このページの先頭へ