頻尿 改善 方法

頻尿の改善方法の情報をお伝えします。夜間お困りの方は必見です。
MENU

頻尿と尿の勢いとの関係

頻尿の方は、尿の勢いが弱くなりがちです。

 

このようなタイプの頻尿では、特別な要因が潜んでいて、
頻尿のみならず、他の様々な排尿障害にも陥っている可能性が高いです。

 

排尿障害とは?

排尿障害とは、排尿関連の問題全域を指すものでありかなり幅広いです。
具体的には、排尿に時間を要する、強い尿意に襲われる、切れが良くない、排尿しにくい、
そして頻尿などです。

 

排尿障害の大まかな要因は2つあり、それは

・膀胱の異変
・尿道の異変

です。

 

尿の勢いが弱いケース

尿を外に出すプロセスで異変が起きていると、尿の勢いが弱くなります。

 

さて、まずは排尿の過程について説明しましょう。
まず腎臓で尿が生成され、それが尿管を伝わって膀胱へと送り込まれます。
そして膀胱に一定以上蓄積されると、尿道から外に出ていくという流れです。

 

膀胱に尿が蓄積してくると、神経に刺激が加わりますが、この刺激こそが「尿意」です。
そして排尿の際は、神経の刺激を受診した脳が、膀胱の出口の筋肉を制御して、
おしっこを出すための動作をするようになります。

 

この一連の運びのどこかに異変が起きていると、排尿障害になります。
筋肉や神経以外にも、尿道が閉塞したり縮小したりすると、
排尿がスムーズにできなくなるケースがあります。

 

具体的な異変の例としては、筋肉の働きがおかしくなってしまっている、
神経に過剰な刺激が加わり、膀胱にまだ尿が溜まっていないのに尿意を感じる、
そして、上記の尿道の異常などがあります。

 

このような症状に陥ると、尿意を感じる回数が増えたり、
強烈な残尿感に襲われたりするようになります。

 

排尿障害の要因となる疾患

たくさんありますが、主なものは神経因性膀胱と前立腺肥大です。

 

神経因性膀胱

排尿を制御する神経の乱れを指して、神経因性膀胱と呼びます。
膀胱の収縮状態がおかしくなり、失禁や尿漏れに悩まされるようになります。

 

要因としては、疾患の影響で神経に多大なダメージが
加わってしまっている事などが挙げられます。

 

そして、排尿がしづらくなったり、頻尿になったり尿漏れが起きたり、
さらには便秘に見舞われたりするようになります。

 

しかし、神経のトラブルであるという関係上、自分で気づけるような症状が出る事は少なく、
出たところで、普通の体調不良として軽視されがちです。
糖尿病等、治療の最中の病気がある方は気を付けましょう。

 

尿の勢いの衰えは疾患の兆候?

老化による臓器の衰えが、尿の勢いの衰えにつながる事もあります。

 

そして排尿障害が付随するような疾患は、説明してきたもの以外にも山ほどあります。

 

その中には、尿道癌や膀胱癌など大変危険なものもありますから、
尿の勢いがおかしくなったと感じたら、早急に病院で診てもらいましょう。
中折れ 対策

このページの先頭へ