頻尿 改善 方法

頻尿の改善方法の情報をお伝えします。夜間お困りの方は必見です。
MENU

頻尿は実は糖尿病のサイン?

トイレが近くなりがちで厄介な頻尿ですが、
実は糖尿病がその要因になっている場合もあります。

 

糖尿病とは?

血液中の糖分濃度が常軌を逸して上昇してしまっている状態です。
糖分濃度を制御してくれるインスリンの生成や動きがおかしくなり、
血液中のブドウ糖の濃度が低下しなくなります。

 

酷くなると、目、心臓、神経、血管等に多大な悪影響を及ぼします。

 

頻尿と糖尿病の関係性

次のような関係性があります。

 

神経障害

糖尿病が酷くなると、糖分濃度だけでなく神経にも影響を及ぼします。

 

人間は膀胱にそれなりの分量の尿が蓄積されれば、
神経を通して大脳にシグナルが送られ、尿意が生じます。

 

人間がおしっこをするのも、我慢するのも、
大脳からの指示が神経を通して、骨盤底筋などの筋肉や膀胱に伝達されているからです。
それによって、尿道の緊張が解けて膀胱の筋肉に収縮が起き、おしっこが出ます。

 

しかし高血糖が長期間継続すると、神経がおかしくなり、
この指示が伝わりづらくなるのです。

 

そのため尿意の割に尿量が少なかったり、夜間頻尿になったり、
急激に強い尿意に見舞われたりなど、色々な問題が起きるようになるのです。

 

頻尿は、あくまでも色々な排尿トラブルの内の一種だと捉えた方が良いのかもしれません。

 

喉の渇き

糖尿病に陥ると、インスリンで血液中のブドウ糖の濃度を制御できなくなるので、
血液の分量、つまり水分量を増加させる事で濃度を低下させようとします。

 

そして、本能的にブドウ糖を尿で外に出そうとするので、排尿が増加していきます。

 

ですから、身体が水を欲し、喉が渇き、水を飲む量が増加するのです。

 

この際、排尿の回数が増加するのみならず、
1日当たりのトータルの尿量が増える「多尿」になりやすくなります。

 

糖尿病が原因の頻尿を防ぐには?

大抵、糖尿病はそれに気付けるような症状がなかなか出ませんから、
頻尿が初めての分かりやすいサインになる事があります。

 

ですから、頻尿は糖尿病を見つけさせてくれる分、
役立つと言えば役立つのですが、排尿の問題自体もやはりどうにかしたいものです。

 

このようなケースでは、元凶である血糖値を安定させるより他ありませんから、
病院で正しい治療をしてもらうのがベストです。

 

そして糖分を摂る量に気を配りながら、当分の間頻尿と向き合う事になります。

 

ただ、インスリン注射等が効いている内は、
排尿が落ち着いているという方も多いそうですから、治療をスタートさせれば、
一定の軽減が見受けられる事が大半のようです。
女の子 欲しい

このページの先頭へ